アラフィフになって気づくことがたくさんあります。悩んでうつになりかけるほど苦しかった20代の私へのメッセージ忘備録。

menu

このはな日記帳~20代の私への伝言

予祝してみない?

予祝についてお話しますね。

普通の感覚では、いいことがあったら喜ぶ。何にもないのに喜ぶなんてバカみたい。

ところが予祝は、いいことがある前に喜んでしまうことです。前祝いです。

予祝は実は日本古来からある風習なんです。何かの前祝いをしたことありませんか?「前祝いだ、カンパーイ!」と。
ただ飲みたいだけと思うかもしれませんが、れっきとした伝統行事(^^)に基づいているのです。

伝統的な例としてはお花見。お花見は秋の収穫を先取りして感謝する収穫祭の意味合いもあります。七夕もお盆の予祝行事で、秋の収穫の感謝祭。

こんなふうに先にお祝するのが予祝です。

予祝の使い方はこの本に学べ

これを夢実現に現代風に解説した本がひすいこうたろうさんの「予祝のススメ 前祝いの法則」です。この方は日本の文化にも詳しいので、本を読んでもしっくりくる。

武田鉄矢さんも熟れていない時代にお母さんが「武田鉄矢さん、成功おめでとうございます!」と予祝してくれたそうです。その後、金八先生でブレイクしました。

武田鉄矢さんには他にも不思議な話があって、背が低い事など容姿のコンプレックスにどっぷりハマっていたときに、たまたま読んだ哲学者の本がありました。その中に「容姿コンプレックスをバネに成功した武田鉄矢」とあったと。この話は新聞のコラムで読んだのですが、未来の自分が例に載っているなんて、なんとも不思議な話ですね。普通に考えたら嘘でしょうと思いますが、何かの力が働いたのかもしれない。

予祝で今、喜ぶ

予祝の話しに戻りますが、自分の望みがあったら「かんぱ~い!」とお祝いしてあげませんか?今、喜びを感じてみませんか?日本人が昔からやってきた風習なのですから、どこかしっくり来る感覚があるはず。

今年もあと2ヶ月になります。平成最後でもあります。自分の望みを叶ったと仮定して前祝いする。そして行動する。行動なくしては叶わないけれど、心の状態が悪くても行動できないので叶わない。

その心、予祝で整えて上げましょうよ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング参加中☆

一つ押して応援してくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

このはなプロフィール

nigaoe73x73

気がつけばいつの間にか、独身アラフィフ??20代の頃は想像していなかった今の姿。これでいいのか、私の人生?

そんな思いから、過去何度目かの人生変化させよう宣言を決心。

さて、変化させるってどういうことなのか?50目前、人生やりなおし中、そんな日々の思いや挑戦をつれづれに書いていきます。

お気に入りに登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒ Ctrl+D 同時押しでお気に入りに登録できます。

記事一覧☆