アラフィフになって気づくことがたくさんあります。悩んでうつになりかけるほど苦しかった20代の私へのメッセージ忘備録。

menu

このはな日記帳~20代の私への伝言

自分が変わるインサイドアウトを実践するには?

インサイドアウトサイド。

外側を変えたければ、まず内側を変えよう。有名なビジネス書、7つの習慣にも書かれていることです。

でも内側を変えるって大変ですよね。ネガディブ思考が強かった私は「そう簡単に変われない。」と思っていました。

変わるって何だろう?

変わるって一体何だろう?

変わるとは、ものの見方が変わる。

ものの見方変わると、刺激(出来事)の反応(感情)が変わる。

反応(感情)が変われば、行動が変わる。

この流れじゃないかしら。あり方が変わるとも言えるし、習慣になっている思考パターンが変わる、ことでもある。

変化を起こす2つのアプローチ方法

新しいものの見方をつけるには、どうしたらいいか?

私の経験でいうと2種類、アプローチ方法があります。
1 心に働きかける
2 体に働きかける

どちらも大切で、状況によって使い分けたほうがいい。心は見えないから、変化がわかりにくい。でも体だけのアプローチでは、深く思考できない。

主に体に働きかけるセラピーをしている友人がいます。体を調えることで、心を修正していきます。体は物体だけでなく、潜在意識だと聞きました。だから心は体にあると。

臓器移植を受けた人が、ドナーの記憶を持つようになったという話もあります。心へのアプローチが難しい時は、体からほぐしてくのも一つの方法。

ただセラピーに毎回行くことはできませんよね。でも自分でできることも沢山ありますよ。

自分でできる体へのアプローチ

例えばヨガも、ピラティスも、きくち体操も、体を動かすことは心の改善に寄与します。

私が続けているのは、プルプル体操。1月から初めて今でも続いていますよ。気を強くする秘技だそうです。

プルプル体操についてはこちらを。⇒ よい習慣をつけるための3つのコツとは?

これを続けているからか、ふと自分の心の重荷がなくなったというか、見方がシフトしたのです。

言葉で言うと「人に貢献しよう」というあり方にシフトしました。それまでは、この先どうなるの?このままでいいの?と仕事でもなんでも「自分がどうなるか?」でした。自分のことしか考えられず、だから不安もあるし、怖さもある。どうしよう、どうしたらいいか?そう考えていました。

それまでは仕事で募集をかけても、人が来てくれない状態で。それでもいいか、と諦め気分もありまして。
ところが、自分がシフトしてから徐々に人が来てくれるようになってきたのです。まだシフトして間もないのですが、自分が変われば出来事が変わることを実感できたのです。だからこの感覚で歩いていけばいいのではないか?と思えるようになっています。

思考パターンを変えよう、変えようと思っても「でもできない!」とすぐに思ってしまうネガディブ思考のパターンを持っていました。

だから心ではなく、体をほぐすことで心もほぐれて、いつの間にか変化できたのです。

ただ残念なこと変化までは時間が必要です。目安は3ヶ月。長いか短いか?そこまで続けられるか?

3ヶ月は長いようですが、必要な期間です。そのお話は次回に。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング参加中☆

一つ押して応援してくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

このはなプロフィール

nigaoe73x73

気がつけばいつの間にか、独身アラフィフ??20代の頃は想像していなかった今の姿。これでいいのか、私の人生?

そんな思いから、過去何度目かの人生変化させよう宣言を決心。

さて、変化させるってどういうことなのか?50目前、人生やりなおし中、そんな日々の思いや挑戦をつれづれに書いていきます。

お気に入りに登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒ Ctrl+D 同時押しでお気に入りに登録できます。

記事一覧☆