アラフィフになって気づくことがたくさんあります。悩んでうつになりかけるほど苦しかった20代の私へのメッセージ忘備録。

menu

このはな日記帳~20代の私への伝言

若さと健康のため、体の中で一番ケアしたい場所は?

年を取るのは怖くないけれど、体の不調は嫌ですね。でも、体も使ってきた年数が増えれば、当然古くなるでしょう。

ただ、メンテするか否か?この差は歳とともに大きくなります。おかげさまで今のところは、大きな不調はなく過ごせています。ありがたいですね。

30代の頃から私が特に気をつけていることを、お話します。

腸は大事というけれど

一番、気をつけているのが腸環境。腸は地味な器官ですが、いやいや地味で派手な仕事をしています。よく言われるのが、脳が止まっても体は生きていられるけれど、腸がだめになったら生命活動はストップしてしまう、と。また、お医者さんが手術の後に一番気にするのが、腸が動き出すかどうか、と聞いたこともあります。

大腸内視鏡検査の専門医・松本恒夫医師は「腸の状態が良い人は全体の健康状態もよく、生活習慣病にもかかりにくいと実感している。」とおっしゃっています。

しかし、同時に日本人の腸内環境が悪くなっているのも心配されています。

どうして、こんなに腸は重要なのでしょう?加齢に伴う劣化は仕方ないとしても、ケアして保つことは可能ではないかしら?

腸の重要な機能

腸は生命維持に大切な働きをしています。主な3つの機能をご紹介します。

1 体を作るための消化と吸収
食べたものはそのままでは、体は使えません。使えるサイズまで小さくする消化作用と、それを体に取り入れる吸収の作用を腸はしています。

食べただけでは、生きていけません。腸で体が使えるようにサイズダウンし、体の中に入れる働きをしてくれます。

2 体内の毒素を排出する。(デトックス)
食べ物は全て吸収されません。残ったものをそのまま体に入れておくと、ゴミ屋敷状態になってしまいます。

また食べ物にも有害な物質が含まれていることもありますし、体内で毒素が発生します。それらは老廃物となって腸にやってきます。これをまるごと便として、体外に出すのも腸の役目。

毒素は髪の毛や尿などでも排出されますが、それは老廃物の約22%。一方、腸は75%です。

腸がきちんとしていないと、毒素が体内から出ていってくれません。

3 体を守る
腸は体を守る大切な場所です。体を守るリンパ球の約60%以上が腸に集中しており、体の中で最大の免疫系と言われています。精鋭部隊が集まっている場所ということですね。

理にかなっているといえば、理にかなっています。腸は外からの食べ物がやってくるのですから、それに有害物質のウイルス、細菌が含まれているかもしれません。それに備えて、配備されているのでしょう。

またリンパ球はがん化した細胞を殺す作用もあります。

花粉症を腸内環境で改善

以上の理由から、とにかく腸を整えなくては、と思うのです。

先日、医療関係にお勤めの人とお話したのです。その人は花粉症が楽になった、と言いました。

「え~、どうして?」と聞くと
「やはり、腸内環境に気をつけたからです。腸内環境が体の免疫と関係あるので、ここを整えないと改善しませんよね。」

そんな会話をしながら、腸って大事、と再認識したわけです。

次回は食べ物について、調べてみましょう。腸が喜ぶ食事をすれば、体も喜んでくれるはずですから。
スポンサードリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング参加中☆

一つ押して応援してくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

このはなプロフィール

nigaoe73x73

気がつけばいつの間にか、独身アラフィフ??20代の頃は想像していなかった今の姿。これでいいのか、私の人生?

そんな思いから、過去何度目かの人生変化させよう宣言を決心。

さて、変化させるってどういうことなのか?50目前、人生やりなおし中、そんな日々の思いや挑戦をつれづれに書いていきます。

お気に入りに登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒ Ctrl+D 同時押しでお気に入りに登録できます。

記事一覧☆