アラフィフになって気づくことがたくさんあります。悩んでうつになりかけるほど苦しかった20代の私へのメッセージ忘備録。

menu

このはな日記帳~20代の私への伝言

人は成長したい宿命を持つ?

もっと良くなりたい!と思うのは、人間の宿命つけられた性質。他の動物にはないそうです。

ですから、この欲求が満たされないとつまらない毎日になるのでしょう。ゲームしていても、ネットサーフィンしてもむなしくなった経験はありませんか?

本当の満足感を得たいなら、やはり「今よりよい自分」へ向かうことがキーポイントなのでしょう。

人間だけに成長欲がある理由は?

動物の中で成長したい!と思うのは、人間だけだそうです。成長したい気持ちを司るのは、前頭前野。

前頭前野とは考や創造性を担う中枢機関です。人間はここが発達しているために、成長欲があるそうです。

アスリートが「今日の試合はいまいちだった。次回はもっとよいタイムを出すために、もっと練習しよう。」と言います。

一方、知能指数が高いと言われるイルカさんでも「今日のショーのジャンプ、うまく行かなかったなあ。このあと、残って練習しよう。」とは思わないでしょう。

脳の機能の差からくる違いです。

成長に向かっていないと虚しくなる?

人間に与えられた成長したい気持ちをもっと大切にしよう。きっとここが満たされないと、充実した日々が送れないのでは?

成長というと大げさかもしれません。昨日よりちょっとマシな自分になる、と思ったほうが気が楽かな?

そんな成長したいジブンを支えてくれるのが、夢やビジョンといったもの。

ビジョンについてはこちらをどうぞ。⇒目標とビジョンの違いを知って行動しやすくしよう。

夢は挫折の特効薬

何を持って成長か?は人それぞれ違います。アスリートとサラリーマンでは、成長のものさしが違うし、10代と40代でも違います。

でも共通しているのは「簡単に楽には成長できない・壁がくる」ことじゃないでしょうか?

今の時代は「楽しもう」「好きなことをしよう」と言われます。しかし、「楽しいこと=楽で簡単にできる」ではありません。ここを間違えると、ちょっとした失敗などで「楽しくないから、これは私の好きなことじゃないのかも?」というように考えてしまいます。そして次から次へ「本当に好きなことは?」と迷いの旅をさまよいます。

その挫折や失敗といった壁が来たときに、ビジョンや夢があるかないかの差はとても大きいのです。

ビジョンは光です。ビジョンがない状態とは、真っ暗闇の森の中、さまよっている状態です。実際に森の中を歩いてはいませんが、実生活での失敗のときを考えて下さい。

「もう無理だろうな・・・」と諦めてもおかしくない状況のときです。

森の中で明かりが見えたら歩き出せるように、私たちもビジョンという明かりが必要です。

トップアスリートはここが上手。挫折しかけると「これを乗り越えたら、素晴らしい自分が手に入るのだ!」と自分で自分を鼓舞して練習します。

くるしいときほど、夢やビジョンを思い出すことが必要。続けるために、踏みとどまるために。

あなたの心を揺らすビジョンは何ですか?自分を奮い立たせる夢があってこそ、行動できるのでしょう。それがなかったら、モチベーションをあげてもすぐに消えてしまいます。

成長するためには、人生の明かりが必要です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング参加中☆

一つ押して応援してくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

このはなプロフィール

nigaoe73x73

気がつけばいつの間にか、独身アラフィフ??20代の頃は想像していなかった今の姿。これでいいのか、私の人生?

そんな思いから、過去何度目かの人生変化させよう宣言を決心。

さて、変化させるってどういうことなのか?50目前、人生やりなおし中、そんな日々の思いや挑戦をつれづれに書いていきます。

お気に入りに登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒ Ctrl+D 同時押しでお気に入りに登録できます。

記事一覧☆