アラフィフになって気づくことがたくさんあります。悩んでうつになりかけるほど苦しかった20代の私へのメッセージ忘備録。

menu

このはな日記帳~20代の私への伝言

ポジティブ思考に踊らされていないかな?

ポジティブに考えよう。

声高に言われていることですし、確かに物事をいいように捉えた方がいい。

仏頂面よりも笑顔でいる方が人はやってきます。

でも「ポジティブでいなくちゃ!」と半ば強迫観念のようになっているとしたら、それはポジティブ思考という耳あたりの良い言葉に踊らされていると思うのです。

私は悪い方に考える傾向があるので、ポジティブにならなくちゃ!と頑張ってきました。だからこそ、ポジティブ思考に感じることがあります。

いいように考えよう、と思ってもできないのです。この悲しさ、辛さをどうやって処理したらいいのか?と思ってきました。

頑張っても、努力しても、ポジティブになれないのです。だから私は運が開けないのだ、と。

しかし、考えたら感情と思考の不調和をそのままにして、無理やり思考だけでポジティブに思い込もうとするのは不自然です。

自然と湧き上がってくるような状態でないと、感情も思考もポジティブにはなりません。

一番きつかった30代は、無理矢理にポジティブになろうと頑張っていました。そして失敗してきました。

—————–

最近、ようやく「ポジティブってこんな感じ?」と思えるようになってきました。自然と感謝とかありがたいな、という気持ちが沸き上がってくる状態です。

たぶん、自分純化計画のおかげだと思います。いろいろなプライドや人の考えなどが、すこしずつ薄れてきた結果、シンプルにありがたいと湧き上がってくる。

人って本来はポジティブないきものじゃないかな。成長したい、よくなりたい。それはポジティブな気持ちだし、成長していくのは自然なこと。

それを隠されているから、明るい自分が表にでなくなってしまう。プライドかもしれないし、失敗に対する過剰な反応かもしれない。いろいろと包まれていく。

———–
無理やりポジティブに考えなくてもいい。思い込む必要もない。そんなことしたって、運が良くなるわけじゃない。引き寄せも起こることはないでしょうね。

悲しかったら、悲しいことを味わう。
失敗して辛かったら、自己否定したっていい。

ネガティブな感情もあっていいし、じっくり付き合ってあげたら消えてゆく。それを無理やり押し込めようとするから、ずっとくすぶる。

そしてポジティブ思考はその先にある。

ネガティブな感情とは、ゆく方向を示してくれている。「こうなりたい、これがほしい」そんな希望が叶わなかったから、味わった感情だから。

「それでは、どうしたらいい?」

どうやって乗り越える?
そしてどんな自分になりたいの?

そう考えることで知恵が出てくるし、インスピレーションも湧いてくる。前に進もうって気持ちになれます。

無理に思い込むのではなく
自然に湧き上がってくる気持ちが、ポジティブというのではないかな。

それは、ここを乗り越えてどんな自分になりたいか?を考えることから生まれると思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング参加中☆

一つ押して応援してくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

このはなプロフィール

nigaoe73x73

気がつけばいつの間にか、独身アラフィフ??20代の頃は想像していなかった今の姿。これでいいのか、私の人生?

そんな思いから、過去何度目かの人生変化させよう宣言を決心。

さて、変化させるってどういうことなのか?50目前、人生やりなおし中、そんな日々の思いや挑戦をつれづれに書いていきます。

お気に入りに登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒ Ctrl+D 同時押しでお気に入りに登録できます。

記事一覧☆