アラフィフになって気づくことがたくさんあります。悩んでうつになりかけるほど苦しかった20代の私へのメッセージ忘備録。

menu

このはな日記帳~20代の私への伝言

幸せになるため。節分に払いたい心の邪気

今日は節分です。明日からは春、新しい季節。だから今日は冬の最後の日で、来る新しい春(年)へ向けて、邪気を払うために豆まきをします。

心の中の邪気も払いたいですね。それは幸せに近づく一歩だから。

自分から動かない人ほど

「何していいかわからない。」
「できない、無理。」
「あの人は才能あるから、運がいいから。」

とか言うのですよね~。私が〇〇できないのは、他の要因のせいだ、と。表立っては言いませんよ、でもね、色んな形となって他のせいにしています。

弱者のふり
被害者のふり
謙遜に見せかけた自己卑下

逆に、すぐに怒る、威張る、自慢する・・・

「オレが怒るのは、お前が悪いからだ。」とか、です。

——————————
人間は完璧じゃないから、人のせいにすることもあるでしょう。でもそこ立場に安住すると、自分の幸せは他人が与えるべきものであり、私はそれを受け取る権利がある、と居直ります。

こんな人には近寄りたくないから、余計に人が離れます。負のスパイラル、心の邪気です。

——————————
どうして人のせいにするのでしょうか。要は自分が満たされていないから、幸せを感じていないから、でしょう。

宝くじに当たれば幸せ、ハイスペック彼氏がいれば幸せ、お金があれば幸せ・・・と状況が幸せを作ると考える人は多いでしょう。

ただ、この考えでいる限り「自分の望み」が叶わなければ、幸せにはなれないのです。すごく幸せのストライクゾーンを狭くする考えではありませんか?

いろいろなことがうまく行っているから幸せ、とは未熟な考え方だと、今は思っています。状況にどんな意味付けをするか、その能力の差が成熟度の違いではないか、と。

状況が悪くても、意味付けは自由にできます。自分の成長のため、とリフレーミングできたら、状況に対する接し方が変わり、気持ちも変化があります。

成功者はこのリフレーミングの技術が優れている人で、決して順風満帆に生きてきた人ではありません。むしろ逆でしょう。

今の状況がどうであれ、日本に住んでいるなら生命の危険にさらされているわけではないし、寝るところもあります。情勢の不安定な国から見たら、天国にいて文句を言っているようなものでしょう。

——————————-
他人のせいにする人は、自分でコントロールできないことばかりを見ています。

人の行動だったり、社会情勢かもしれない。今日の天気、自然災害、老化現象かもしれない。自分の影響が及ばないことを、どうにかしようとするからストレスが増え、「アイツ(何か)のせいだ。」と思います。

幸せになりたいとおもったら、コントロールできないことは放置しましょう。それよりも、自分がコントロールできることにエネルギーを注いだ方が賢明な行動です。

出来事に対する自分の反応を変える練習や、リフレーミングのスキルを学ぶとか。

人のせいにするより、何か行動を起こしたほうがずっと幸せに近づくのではないでしょうか?

——————————
今日の豆まきで心の邪気を払って、明日から心機一転、新しき持ちになりたいと思う節分です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング参加中☆

一つ押して応援してくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

このはなプロフィール

nigaoe73x73

気がつけばいつの間にか、独身アラフィフ??20代の頃は想像していなかった今の姿。これでいいのか、私の人生?

そんな思いから、過去何度目かの人生変化させよう宣言を決心。

さて、変化させるってどういうことなのか?50目前、人生やりなおし中、そんな日々の思いや挑戦をつれづれに書いていきます。

お気に入りに登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒ Ctrl+D 同時押しでお気に入りに登録できます。

記事一覧☆