いくつになっても成長はできる!と50突入からのジブン改革を実践中。変化のヒントをピックアップ。

menu

このはな日記帳~気負わず、たゆまずジブン改革

アラフォー以上の健康を左右してる物質。これがあると20代と同じ回復力が手に入る?

アラフォー以上の健康と美を左右している物質があります。これが前進の組織と血液に含まれていると、健康レベルが高いことがわかっています。

今日は、その物質についてと増やす方法をお話します。

健康ベースの美を手に入れるための物質です。

アラフィフからの秘密兵器は?

この物質の値が高い人は高齢者でも、病気や事故からの回復が早いのです。それも若い人と同じレベルで。すごい物質ですよね。

ただ、これは一般的に言うと年齢とともに少なくなっていくのです。40歳から60歳で17%も低下すると言われているのです。

その物質名は「グルタチオン」。体を守る抗酸化物質の一つです。

抗酸化物質とは、体を酸化から守ってくれる物質です。人は酸素を吸って生きていますが、その一部が活性酸素になります。活性酸素は細菌やウイルスを攻撃する武器になりますが、増えすぎると自分自身を傷つける武器にもなります。体が錆びた状態です。

それを守ってくれる物質が抗酸化物質。そしてグルタチオンはその一つです。

体を若くキープするとは、健康な状態を保つこと。そのために、この物質を増やしませんか?

グルタチオンを減らす食事

まずは増やす方法の前に、減らさないためにはどうしたらいいか?

グルタチオンを特に減らす食事があります。それは脂肪を多く摂る食事。

高脂肪の食事や揚げ物の多い食事をしていると、酸化した脂肪を摂取することになります。酸化した脂肪は体に毒ですから、グルタチオンはそれらを腸壁で無害化してくれます。だから高脂肪の食事は、グルタチオンをこき使っていることです。ブラック企業のオーナーと同じです。

揚げ物や加工品の多い食事をしていたら、ちょっと考えてみましょう。

グルタチオンを増やすには?

グルタチオンは体内で作り出されますので、必ずしも外から取り入れる必要はありません。ビタミンやミネラルと違って、必須栄養素ではないのですね。でも健康レベルをあげるには、食事でとったほうがいい。

それでは、どんな食品にグルタチオンは含まれているか見ていきましょう。

グルタチオンは果物や野菜に多く含まれています。特にアボカドアスパラガスです。アボカドは森のバターと言われる程、よい脂肪やビタミン、ミネラルも含んでいます。生命の源と大切にされてきた果物です。応用範囲も広いので、取り入れたい食品です。

また、ブロッコリーキャベツなどのアブラナ科は体内でグルタチオンを作るときに必要な物質を含んでいますので、積極的に食べたい野菜です。

注意があります。グルタチオンは熱に弱いので、アボカドは生で食べる方がいいです。野菜も加熱しすぎないほうがおすすめです。

*******
揚げ物や脂肪の入った肉もおいしいものです。が、健康レベルをあげるにはほどほどにして、野菜や果物をきっちり食べる。

若い人と同じレベルで回復できる体。ほしいですね。私の伯母は85歳で車と接触事故にあい、肋骨を折りました。ところが、本当に数ヶ月でもとに戻ったのですよね!

彼女は畑仕事もしていて、自分で野菜を作っているし料理も自分で作る。かなりグルタチオンの値が高かったのでしょう。85歳で骨折なら、そのまま寝込んでしまう人も多いでしょう。でも伯母は違った。脅威の回復力です。
スポンサードリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング参加中☆

一つ押して応援してくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

このはなプロフィール

nigaoe73x73

気がつけばいつの間にか、独身アラフィフ??20代の頃は想像していなかった今の姿。これでいいのか、私の人生?

そんな思いから、過去何度目かの人生変化させよう宣言を決心。

さて、変化させるってどういうことなのか?50目前、人生やりなおし中、そんな日々の思いや挑戦をつれづれに書いていきます。

お気に入りに登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒ Ctrl+D 同時押しでお気に入りに登録できます。

記事一覧☆