いくつになっても成長はできる!と50突入からのジブン改革を実践中。変化のヒントをピックアップ。

menu

このはな日記帳~気負わず、たゆまずジブン改革

現状を変えたいなら知っておきたい。あなたは何にリアリティを感じている?

質問です。

あなたは何に臨場感を持っていますか?

これだけじゃわからないですよね。普通に生活していたら、全く意識していないはずです。でも、現状を変えたい、成長したい、と思ったらちょっと考えてほしいことです。

臨場感とは辞書で調べると「実際にその場にいて、見たり聞いたりしているような感じ」とあります。映画館で映画を見ると、まるで映画がリアルに感じて泣いたり笑ったりしますよね。映画なんて現実ではないけれど、リアリティを感じますよね。そんな感じです。

これを映画だけでなく、自分にも当てはめることができます。そしてそれが行動や選択を支配していると言えます。

例えば「私はテストで50点しか取れない」と思っていて、たまたま90点取ったとします。「おかしい、私がこんなに取れるなんて。」といぶかしみ、次は10点で帳尻を合わせるというようなもの。

え?そんなことないでしょ?と思うかもしれませんね。それでは言い方を変えます。ホメオスタシスはご存知ですか?生命体が生きるために常に安定した状態を保とうとする機能です。熱くなったら汗を出して体を冷やすこともその一つです。

臨場感とは自分にとって有益か不利益かに関係なく「それが自分の安定した状態」のこと。どうせダメな私、と思っている人は失敗すると安心するのですよ。成功するとなんだか落ち着かない。私らしくない感覚になります。成功した自分にリアリティを感じられない。

 

私がずっと臨場感を持っていたこと。それに気づかずにいたことがあります。

「私は好きな人に愛されるに値しない」

ほんと、必要ない臨場感ですよ。これがあるとうまくいきそうな時に、上手に嫌われる行動をします。そして「やっぱり、私は」となり、負のスパイラルですわ。

臨場感を持っていることは、たいていは他人から言われたことなどの過去の記憶によって作られたもの。もっというと、すごく気持ちが動いた記憶で作ったものです。悲しみ、つらさ、逆に喜び、幸福感などを伴った過去の記憶です。

私は10代でこのセルフイメージに臨場感を持ちました。それが本当だ、あたりまえだと思ってしまったのです。

19歳の時に初めて付き合った彼に「君といても甘えられない。」とフラれたました。その時に「愛される価値が無い私」に臨場感を作りました。どう解釈したかというと「私が悪いから、価値が無いから、彼は去っていったのだ。」と思ったのです。

今考えれば、何言ってるのよ、と言い返せますが、ただ自分が悪いのだと思って何も言えなかったのよね。責任を全部私に押し付けていった形でした。どちらだけが原因ということはないはずなのに。

心が柔らかかった10代ですから、ずっと棘となって刺さったままでしたね。だから元カレはさっさと断捨離すべきですね。

———————
もし何か達成したいことや望みがあったら、それに見合った自分に臨場感を持っているか?がポイントになります。結婚したいなら、結婚できる自分、痩せたいなら、痩せている自分に。

ここ、意識的に考えてみるといいポイントです。

次回は、臨場感に働くホメオスタシスからの脱出方法について書いてみますね。今、ちょうどやりやすい時期なので、お試しください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング参加中☆

一つ押して応援してくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

このはなプロフィール

nigaoe73x73

気がつけばいつの間にか、独身アラフィフ??20代の頃は想像していなかった今の姿。これでいいのか、私の人生?

そんな思いから、過去何度目かの人生変化させよう宣言を決心。

さて、変化させるってどういうことなのか?50目前、人生やりなおし中、そんな日々の思いや挑戦をつれづれに書いていきます。

お気に入りに登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒ Ctrl+D 同時押しでお気に入りに登録できます。

記事一覧☆